失意からの出発!?Aimerが女性シンガーとして成功した理由とは!?

Aimerという歌手をご存じだろうか?

そんな質問は、もう愚問になってしまった。Aimerは既に多くの人たちにその才能を認められ、現代を代表する女性アーティストの1人として認知されている。

しかし彼女の才能は、まだまだ底が知れない。デビューから5年が経ち、日本武道館公演を終えたことも、1つの通過点に過ぎないように思えるのだ。

これからの活動に注目すべきAimerについて、改めてこちらでチェックしていきたい。

Aimerという存在

女性ソロシンガーであるAimerについては、詳しいプロフィールが公開されていない。

しかしその歌声と歌唱力は、多くの人の胸に深い印象を残すだろう。

ただ上手いだけではない。聴いていると、上下に激しく揺さぶられるような感覚に陥る。

他の作業をしていたとしても、彼女の声はそれを止めて、ふと耳を澄まさせるような力があるのだ。

デビュー曲である「六等星の夜」を聴いてみると、最初から彼女にはそういった力は備わっていることがわかる。

六等星の夜

透き通っていながら、しっかりとした実感がある。Aimerの歌声は、全方位から人を包み込むような、技術だけでは決して到達できないような力があるのだ。

しかしその歌声は、生まれつきのものではないのかもしれない。

声が出なくなった失意の時期

Aimerは15歳の頃、まったく声を出せないという症状に襲われたことがある。

すでに幼少の頃から歌に心惹かれ、ピアノやギターを弾いていた彼女にとって、これほどショックなことはなかっただろう。

治療として、彼女は半年間にも及ぶ「沈黙療法」を勧められる。声によるコミュニケーションは当然不可能。何よりも、歌うことができない時期が続いた。

歌手を夢見る少女にとって、沈黙による日常の支配は絶望以外の何物でもなかっただろう。

このときの心境は、1stアルバム「Sleepless Nights」に収録されている「夜行列車 〜nothing to lose〜」の歌詞に反映されているとのこと。

Sleepless Nights

しかしこの失意に耐え抜いたことで、彼女は歌手として、Aimerとして活躍するチケットを手にすることになった。

治療をきっかけに今の歌声にシフトしていった

Aimerの声が出なくなった原因は、喉への負担だったらしい。

そのため彼女は、なるべく負担を軽減するための歌い方を模索しはじめる。

結果が、今現在のAimerだ。自分の声を丁寧に分析し、1つ1つ改良していくことが、唯一無二の歌声を作り上げたのだろう。

彼女の声でしか表現できない楽曲は、広い層からの支持を受け、多くのタイアップを実現した。

有名なところでは、アニメ「機動戦士ガンダムUC」のEDテーマ「StarRingChild」や「RE:I AM」がある。

StarRingChild

一般人はもちろん、プロの歌手であっても、自分の歌声や歌い方を見直すのは難しい。

しかし彼女には、沈黙しなくてはならない時間があった。だから自然と、自分の声に向き合うことができたのだ。

それは歌手として成功するための、大きなきっかけになったことはいうまでもない。

まだまだ底知れないAimerの底力

彼女の歌声は、失意のなかで息を吹き返した。しかしそれはまだ、進化の途中であるのかもしれない。

1度自分の声を修正したという経験は、これからの歌手生活においても、メリットとなるだろう。

Aimerが自分の声をさらに高めていこう、歌手として成長していこうと思う限り、私たちはその結果を耳にしていけるはずだ。

最新曲である「ONE」を聴いてみても、さらに磨きがかけられた彼女のボイスに出会える。

ONE

Aimerの才能に驚いている私たちは、まだまだこれから先も驚くことができそうだ。

現状をさらに超えていこうとする彼女の存在には、これからも注目していきたい。

今、あなたにオススメ