V系ブームを支えたバンドたちの今聴いてもかっこいい冬ソング

めっきり冬だ。寒い。
筆者は東北出身なのだがとにかく寒い。暖房なしで過ごすなんて不可能。
しかし寒さに震えながらふと「昔(体力のある頃)って冬なにしてたっけ…」と考えた。
決まってる。
バンギャだったからCD聴きまくって冬の気分を堪能していたのだ。
と言うわけで、今回は筆者が青春を過ごした時代、90年代後半から00年代前半にブレイクしたバンドで「ザ・冬ソング!」というのを集めてみた。
その頃といえばテレビ朝日系『Breack Out』などで「ヴィジュアル四天王」などという単語まで出て来たほどのV系ブーム。
おそらくあなたにもぴったりのV系冬ソングが見つかるはずだ。

V系は丘に登りたがる説の立役者PIERROT

『HILL-幻覚の雪-』


本当は『メギドの丘』にしたいのだが映像が見つからない残念。
「V系丘に登りたがる説」というのはバンギャの間で半分ネタにされている説なのだが、PIERROTがメジャーデビュー曲『クリア・スカイ』で「約束のあの丘」に登り、インディーズ時代には『メギドの丘』に登り、Plastic Treeが『絶望の丘』に登り、Dir en greyが『アクロの丘』に登ったことで丘ブームが到来した。
今のV系も丘に登っているのだろうか。
ちなみにこの『HILL-幻覚の雪-』でもPIERROTは丘に登ってるので、2002年の段階では丘ブームは過ぎていなかったようだ。
MVはカインとアベルを思わせる聖書風というかキリスト教風というか、暗号が仕込まれていることでも話題に。

V系は雪に埋もれる説を忠実に再現Plastic Tree

『ツメタイヒカリ』


この曲なぜか通常のアルバムに入らなかったんだよね。
その後収録されたんで問題はないんですが、当時「なぜ外した…」ってショックでしたアルバムで聴きたいんだよこっちは!!
まあコンセプトとか色々考えて変えたんだろう。
完全に演出の部分では「クリスマスソング」を意識してたと思うんだけど、途中で雪山遭難MVになります何事なんだこれは。
世界観がめっちゃ好きなMVなので、これでピンと来た人はプラを聴こう。
プラはいわゆる「エモい」という感情のツボをぐいぐい押してくるバンドなので、正直「このバンドエモいよね〜」ってcinema staffとか凛として時雨とか聴いてる人に推していきたい。
初期の頃はトラウマメンヘラソングって感じで素晴らしいよ!今も好きだけど!

彫りが深過ぎてクセになる顔面を持つボーカルがいるLa’cryma Christi

『IN FOREST』


ラクリマはPIERROTと事務所が一緒でピエラーだった私は何度かライブを見る機会があったのだが、ボーカル・TAKAが完全にクセになるキャラクターをしている。
美形(イケメンというよりハンサム)な顔面をお持ちなんですが正直実写『テルマエ・ロマエ』に出ても違和感ないかなーって感じなんですよ。
しかもMCは「TAKAを呼ぶ声が小さいなぁ〜!!!」という煽りを入れてくる。
最高。
ちなみにこの『IN FOREST』という曲は数奇な運命を辿った曲で、元々の楽曲名は『FOREST』。
セールス的にはいまいちだったのを、「バン○やろうぜ」紙面上で「新しい歌詞を募集」したんですよ。
で、それが『IN FOREST』となったというわけです。
雪という言葉じゃなくて白い吐息で寒さを表現しているのがちょっと珍しい冬ソング。

ヴィジュアル四天王と呼ばれたFANATIC◇CRISISの冬ソングはどうなの?

載せようと思っていた曲が2曲ともyoutubeになかったので歌詞だけでも検索で眺めてください。

『Precious memories』

思い出が雪のように降り積もる夜には大切なことを思い返す、それはあなたのこと…という曲である。
発売時期が秋だったはずなんだかなぜかこの翌年の1月に発売された曲には冬曲は入っていない。
ちなみに中学校の卒業記念の木彫りレリーフに歌詞を彫り込んでしまった黒歴史を私は持っています。

『hal[ハル]』

これは別れの曲で、雪が溶ける頃にはあなたはいない…という歌詞。
どちらもセンチメンタルでノスタルジックな気持ちになれるのでオススメ。
ちなみにFANATIC◇CRISISは解散の仕方が最高にロックで、「このバンドでやれることは全部やったよね」と確認をとっての円満解散。
世の中にそんなバンドがあっていいのか…価値観が揺らぐ事件であった。

親には紹介できない彼らの冬曲は両極端、DIR EN GREY

『I’ll』


インディーズの頃のディルはな〜〜〜〜!!!
こんなに純粋な歌詞を書いていたんだぞ〜〜〜!!!!
V系ありがち意味深歌詞ではあるのだが、とにかくメロディーラインの美しさとまだそこまでひねくれていない歌詞が素晴らしい。

『蜜と唾(つみとばつ)』


しかし数ヶ月後デビューしたら1stアルバムにこんなもんぶっこんで来やがった。
これクリスマスソングなんですよ…?
「クリスマスケーキの歌です」って言ってるんだよこれ嘘つけ。
まあ歌詞カードにもそれらしい写真は載っているが…。
ちなみに5年に1回ぐらいカラオケで歌う。

冬ソングって結局どこから認定していいの?

V系ブームを支えたバンドたちの今聴いてもかっこいい冬ソング

今回懐かしのV系を聴いていて「うっわ今聴いても最高だな!」って思ったんだがそれと同時に「どこから冬ソング…?」と認定に迷った。
わかりやすいのを選んだつもりなのでここにあがってるのは全部冬ソングだから安心して聴いてほしい。
メイクについてはあんまり突っ込まないであげてね!おばちゃんとの約束だ!

文:阿部春泥

今、あなたにオススメ