欅坂46が「ロック支持者」にウケる理由

今更ながら紅白歌合戦の話をさせて欲しい。
二年連続出場となった欅坂46がメンバーの体調不良のため倒れたシーンは衝撃だったが、それよりも前にパフォーマンスを見てショックを受けた人間も多かったのではないだろうか。
彼女らのパフォーマンスは「ロック」に通ずるものがあるのだ。

「紅白」と欅坂46との関わりと、なぜ彼女たちが今注目を浴びるのかについて書かせていただく。

伝説の始まりは2年前の紅白歌合戦で

欅坂46/サイレントマジョリティー


ロックファンなら2年前の紅白を見逃した人間はいないのではないだろうか。
なにせTHE YELLOW MONKEYが出場したのだから。

彼らのステージングも素晴らしかったが、幕間でのやりとりを覚えている方はいるだろうか。
「ボーカルの吉井和哉までもが欅坂46のCDを購入している」というシーンだ。

すでに幕間放送の時には欅坂46のパフォーマンスは終わってしまっていたが、これはものすごい後押しになった。
何の後押しかって?

その直前に欅坂46のパフォーマンスを見て「かっこいい!」と思ったロックファンへの後押しだ。
それまで紅白に登場したアイドルはAKB48系列ばかりで、「可愛い女の子がくるくるとダンスを踊りながらニコニコ歌う」というステージングから逸脱することはなかった。

しかし欅坂46は「サイレントマジョリティー」にて、その既成概念を打ち破った。
緊迫感の溢れる、マスゲームのようなダンスに激しいナンバー。

これがロックファンに受け入れられないはずがないのである。

2017年欅坂の舞台は幅広く受け入れられる

欅坂46/不協和音


そして昨年の紅白だが、司会の内村光良が欅坂46の熱烈なファン。
その下地があってパフォーマンスを一回で終わらせるわけがない。

「不協和音」で息の合ったダンスを見せた後、内村とともに再度パフォーマンスした欅坂46。

残念ながらこの日メンバーは3人が過呼吸を起こし倒れてしまうという結末だったが、その最後までやりきったパフォーマンスにはプロ意識をはっきりと見た。
ネット上では「休ませてやれ」や「仕事しすぎじゃないの」なんて声も見受けられたが、つまり2017年は欅坂46にとって、忙しくも充実した一年だったことがうかがえよう。

甘いアイドルたちの間に、ピリッと刺激のあるスパイス的な起用のされ方が面白い。
「本物のロックはそういうのも糞食らえって言わないと」なんて本物志向の方もいるかもしれないが、そもそも欅坂46はアイドルグループなのである。
作詞者が秋元康だぞ。商業ロックにならずになにになるというんだ。

ともかく、この騒動で欅坂46の名前はより幅広く人に知られることになったのである。

SWEETよりCOOLが受けるのはなぜか

そもそも、欅坂46はロック支持者をファン層に取り込んでいるものの、初めからターゲッティングされていた客層がそうだというわけではない。
おそらく最初のターゲットは「世間と馴染めない私」を持った思春期の少年少女だ。

欅坂46/ガラスを割れ!

そう、ロックバンドと最初のターゲットが共通しているのである。
となると、必然的に欅坂46はロック・ミュージシャンと同じ位置に存在しているアイドルグループと言える。
こんな特異な存在があっていいのだろうか。

かっこいい衣装で、かっこいい曲を歌い、かっこいいダンスをする。
これが欅坂46に求められているステージだろう。

正直「甘い」アイドルグループは食傷気味である。ぽこぽこできてはどれも似たり寄ったりで飽きてしまう。
そんな中に現れた「COOL」だからこそ、人々は珍しさで食いつく。

それがもしスタンダードになれば、欅坂46はアイドルの歴史を変えたグループとして名が残るだろう。

文=阿部春泥

今、あなたにオススメ