冬フェスを100%楽しむ!!定番服装&持ち物とは!?

フェスと聞くと皆さんは何を思い浮かべるだろうか?

サマーソニック、ロックインジャパン、フジロックフェスティバル、ライジングサンロックフェスティバル・・・・などなど。やはりフェスといえば夏!!という方も多いだろう。

確かに真夏に野外で開催されるライブフェスほどはじけられるイベントはないかもしれない。

しかし、忘れてはいけないのが冬フェスである。

秋から冬、年末にかけて行われる冬フェス。カウントダウンジャパン、メリーロックパレード、ザンジバルナイト、OTONOKO・・・・などなど魅力的な冬フェス、野外カウントダウンライブが沢山あるのだ。

年越しする瞬間にフェス会場にいる。みんなで大声でカウントダウンをする。あの空気感は冬フェス、野外カウントダウンライブならではのものだと思う。

しかし、まだ冬フェスに行ったことがない!初めて冬フェスに行く!という人は、「どんな服装で行けばいいのか?」、「何があると便利?」などいくつか疑問があると思う。

そこで、冬にしか楽しめない冬フェスを100%楽しむためにおさえておきたい服装&持ち物について紹介しようと思う。

服装

会場までの服装

ここは普段通りの防寒着でいいだろう。

間違っても薄着はしないように。行き帰りは冷えるのでしっかりとした寒さ対策は必須である。

夏フェスよりも、クローク、ロッカーの確保が重要になってくるので、会場のクローク、ロッカーの位置、数は事前に確認しておいた方がいいだろう。

コートや上着を抱えたままでは100%ライブを楽しむことはできないだろう。

ここは何が何でも押さえておきたいポイントの一つだ。

会場内での服装

ライブ中以外の場合、ほとんどの人がパーカーやスポーツウェアを身に着けている。

薄手のものなら、ライブ最中は腰に巻けたりするのでおすすめである。

人の汗など気になる方は、撥水性のあるスポーツウェア、ランニングジャケットなどもおすすめだ。

フェスの物販でパーカーを買おうと思っている人もいると思うが、売り切れてしまう可能性もあるため、万が一売り切れていてもいいように事前に用意していくのが無難だろう。

ライブ中の服装

ライブ中の服装は夏フェスと同じような薄着でいいと思うが、少し夏より着込んだ方がいいかもしれない。例えば、Tシャツ一枚ではなく、中にインナーの長袖を着たりするとよりいいだろう。

自分がいつもライブ中に着ている慣れた服装で、思いっきりライブを楽しもう。

冬フェス持ち物

ホッカイロ

ライブ中は平気なんじゃないかと思われるが、意外と冷える箇所がある。

それは足の裏である。異常に冷える。こんなに暴れているのに・・・・

貼るタイプのカイロを足の裏だけにでも貼っておくことをおすすめする。

特に冷え性の方などは手先も冷えるので貼らないタイプのカイロも持っていくといいだろう。

タオルor汗ふきシート

冬だとはいっても汗はかくので、汗を拭きとるものは絶対に持っていきたいところ。

乾くと思って放置していると、体温が一気に下がってしまい風邪をひく恐れがある。

ライブ後はすぐ汗を拭きとろう。

着替え

気温や暴れ具合で汗をかく量は変わってくると思うが、念のため一枚は着替えをもっていくといいだろう。

冬フェス服装&持ち物まとめ

冬フェス参加で重要なポイントは、「寒さ対策」と「手荷物の軽量化」であるだろう。

しっかり防寒をしていき、会場では薄手の上着を着て、ライブ後や汗をかいたらこまめに拭き取る。

そうすることで快適に冬フェスを過ごせるだろう。

もちろん汗をかくのでこまめな水分補給も忘れずに。

これを読んで、寒さと暑さが繰り返される夏とは違った過酷さを持つ冬フェスを思いっきり楽しんでもらいたい。

夏フェスしか行ったことのない人も、冬フェスの特別感を味わえるだろう。

この冬、一年を音楽で締めくくる最高のライブ冬フェスに参加してみてはいかがだろうか?

今、あなたにオススメ